ハク♪

離婚が理由の飼育拒否です。

7歳のトイプードル、男の子(未去勢)。

おそらく恐怖心を与える叱り方、虐待に近い叱り方をされていたと思われます。

首に刺激が少しでも加わると恐怖から体が硬直し動かなくなります。
その状態になると、少し体に触れられるだけでも何かが、かすめるだけでも体がビクッと反応します。

保護初日は首輪の装着だけでも防衛本能から噛みつく行動が見られました。

愛情に飢えており、環境に慣れた3日目くらいからは、とにかく甘えてきます(*^^*)

首輪もリードの装着も何の問題なく出来るようになりました★

ただ未だに硬直し動かなくなる姿があります。

去勢されていない為にマーキング行動が、とても多く今月中に手術予定です。

名前は今までの記憶をリセットする為にも新しく「ハク」となりました( *´︶`*)

元々の名前を呼んでも全く反応が無かったので、名前を呼ばれ可愛がってもらえることが無かったのかもしれません。

ご飯の食べが2~3日悪かったのですが、今では「早く欲しい!」となるほど食欲旺盛です!

小さい頃にレッグペルテスで手術したとの事で、後ろ足が浮いている時が時々ありますが歩行には問題は出ていません。

子供に対しても甘えていきますが、噛む行動があったとの話なので色々と様子を見ている状態です★

とても小柄で可愛いハクです♪( *´︶`*)

トリミングもお利口さんでした!
スポンサーサイト

シェル♪

多頭で保護をした子達の中で、てんかん発作があり年齢的にも里親さんは難しいと思っていたシェルに新しい家族が決まりました!

保育園へ通園してくれているチワワの琥珀くんのご家族がシェルの一時預かりを申し出てくださいました。

以前、飼われていたチワワちゃんが同じく発作があり、坐薬処置もご経験されているとの事。
そして、ほとんど在宅され留守番も少ない環境とのお話で安心してシェルをお願いすることが出来ました( *´︶`*)

その数日後、シェルを正式に家族にと里親さんとしての申し出を頂きました‼

外の散歩も歩きたがなかったシェルですが、今ではお散歩も行くようになり、人が大好きなシェルなので、お散歩中も色々な人に寄っていくそうです(*^^*)

とても大切にしてくださるご家族との出会いに感謝です‼(*>∀<*)

マリ♪

多頭で保護をした子達のひとり「マリ」が正式に里親さんが決まりました!
マリは、デビルとレミの母犬です★

新しいご家族は、2回も飼育拒否された子の里親さんでもあります。
娘さんが帰省されている期間「一時預かり」を申し出てくださりマリを預かって頂いていました。

その後、娘さんが帰られた後は「私、一人で2頭みるには不安が」と、お母様はおっしゃられ一時預かりのお話だったのですが「お散歩も一緒に行けるようになり、このまま家族に」と正式に里親さんになってくださるとお話になりました( *´︶`*)

とても大切にしてくださるご家庭で、園ではマリの求める愛情を満たしてあげられなかったので本当に良いお家へ行くことが出来ました!
感謝で一杯です☆ミ(^人^)

宜しくお願い致します‼

シェルの発作…

保護をしてから発作が出ておらず、ホッとしていたのですが…
てんかん発作が起きました。

1回目が午前に起き、直ぐ病院へ行きました。
発作が起きた時に鎮静の為の座薬を処方して頂き、戻ってからも発作が起きてしまいました。

この日は、約4時間置きに発作が起きました。

発作後3日4日間くらい食べも悪く、前足も引っくり返ってしまい、しっかり歩くことも出来ませんでした。

初めての発作の翌日も起きました。

病院にて相談の結果、抗てんかん薬を変更していく事に。こちらの方が副作用もなく負担が少ないので期待が出来ます。

我々は、てんかん発作が何度も起きる事が初めての事だった為、何が最善なのか分からず手探り状態です。

てんかん発作が治まらず、変更した抗てんかん薬が合わない可能性もある為、元の抗てんかん薬のみに、また戻しました。

抗てんかん薬は肝臓が重要になるとの事。
現段階の検査結果では肝臓も大丈夫なので、副作用など心配がありますが薬の種類を戻しました。

抗てんかん薬は、色々と試して、どれが一番適合するか定めないといけないそうです。

初めての発作から数日間ヨロヨロとしていたシェル。

今までダックスの子達と多頭飼いされていましたが、園内の環境が負担になっている可能性もあります。

保育園業務、他の保護の子の事もあり、どうしても園にて過ごす事になります。我々が保護をして本当に良かったのか…?

でも、あのまま飼われていた地区でセンターへ連れて行かれていたら、年齢と病気から悪い結果しか予想できません…

初めての発作から数日何を食べさせても殆ど口にしませんでしたが、やっとレトルトを口にしはじめ今はドライフードも完食し歩行もしっかり回復しています!

嬉しくて走る姿もあります( *´︶`*)

興奮し過ぎると発作が出やすいようなので、体を動かす時間を制限しています。

興奮時間が長くなると顔が痙攣し始めます。

発作が最後に起きてから今日までの約1週間、てんかん発作は起きていません。

発作が起きてから治まるまでの時間も毎回計っています。
長ければ長いほど脳へのダメージが大きくなるそうです。

発作が起きた時に、オシッコなども漏れてしまう為、汚れてしまっていましたが落ち着くまで拭き取ってあげることしか出来ませんでした。

ここ数日、体調が良いので昨日シャンプーも出来ました★



ヤマト♪

家族の中に犬が好きではない家族がおり、サークル生活ばかりのヤマトでした。
警戒心も強く、何か怖い思いをしたのか?
防衛本能なのか?口が出ます。まだ4歳です。

人間の赤ちゃんが産まれることになり「赤ちゃんに噛んだら?」と飼育放棄されました。

ヤマトを、このように育てたのは人間なのに「都合が悪い」と飼育放棄…

人間の勝手さに悲しくなります。


心を開くまでに時間が掛かりました。
唯一、食べることが大好きなので初日から、しっかりゴハンを食べてくれたことは救いでした( *´︶`*)
ゴハン以外の時間は、ずっと隅に隠れ近付くと威嚇行動が見られました。

今ではスタッフには、すっかり甘え体も触らせます。尻尾ブンブン振って甘えてくれる可愛いヤマトです(*^^*)
トリミングも、とてもお利口です♪
ただ、まだ初めて会う人に対しての警戒心があります。

誰にでも平気!には時間が必要な子です。

里親さん希望の方には、何度も足を運んで頂きヤマトとの絆を築き上げていただく必要があります。

警戒心から「この人!」と特定の人にベッタリとなります。

サークル生活が長く、他のワンコとの交流も無かったのか?
ワンコとの社会性も不足しています。
ようやくヤマトから遊びに誘ったりするようになってきていますが、寄ってこられるとワンワン吠えることもあります。

とにかく気の小さい子です。
まだ若いので、ヤマトの性格も全て受け入れてくださる良い里親さんとの出会いが、いずれ訪れれば良いなと思っています( *´︶`*)

Profile

DOG DUCA

Author:DOG DUCA
dogducaの信念【人と犬とのより良い共存生活】をテーマを掲げ休む暇も無く頑張っています★ワンちゃん皆が幸せになる事を願い精一杯活動しています!
ぜひ皆さんも協力してくださいm(_)m

【DOG DUCAホームページ】

calendar


全記事表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Master only