FC2ブログ

ミルク手術乗り切りました!

10年前に家族内でワンコ嫌いの方がみえ…飼ったものの世話がやはり出来ないと飼育拒否されたミルク。
保護時は子犬でしたが、既に世話もされておらずアカラスが大量にいました。
ニキビダニと言われるアカラスは、どの子の毛根にも存在しますが大量発生し二次感染を起こすと痒みや脱毛を起こします。
そして母犬に耳ダニがいた場合の多くにアカラスが増えます。

辿って調べるとミルクの母犬にも出産当時、耳ダニがいた事が分かりました。

保護時には、ミルクも二次感染による膿皮症を起こし始めていました。
身体中を噛んでむしり、包帯を巻いても、ほどいて血まみれになる事も多く…可哀想でしたがクッション製のエリカラを始終つけ、靴下を履かせる日々でした。

毎週、アカラスを殺す薬を注射したり…効果が思うように現れず色々な治療法も試しました。
1歳未満の頃からの強い薬により『寿命が短くなる事は覚悟しておいてください』と言われていました。

ミルクも今年で10歳になります!

皮膚が悪く避妊手術もできないままでした…その為、子宮蓄膿症など恐れていました。

先日、悪性腫瘍の様なものを見付け、すぐ病院へ。
やはり腫瘍でした。腫瘍が2箇所見付かり、子宮手前に膿が溜まり始めて子宮蓄膿症寸前まできている事も発覚しました。
このままだと子宮蓄膿症になるとの事で年齢と皮膚の状態からリスクは高いですが手術をする事に。
心音も完全停止までは、いかないけれど止まりかける時が出ていることも分かりました。

歯の状態も悪く、出来れば一緒に歯の治療もとの話でしたが、やはり避妊手術と膿の手術で身体が危険になり手術を終えました。

再発の可能性はゼロではありませんが、現段階での悪いものは取ってもらえ無事に手術を終えました!

痛みからか震え夜中も鳴いていましたが、傷口が2箇所あるのと細菌感染を防ぐ為にサークル内でマリア達とは別で寝かせました。
サークルの隙間から腕を入れていると手の上に顔を乗せて寝てくれたので良かったですが(*´ω`*)

薬の影響もあり体も成長できなかったミルク。
色々と弱いミルクですが、手術を無事に乗りきってくれて本当に良かったです!
執刀してくださった先生にも感謝です!(*^^*)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

DOG DUCA

Author:DOG DUCA
dogducaの信念【人と犬とのより良い共存生活】をテーマを掲げ休む暇も無く頑張っています★ワンちゃん皆が幸せになる事を願い精一杯活動しています!
ぜひ皆さんも協力してくださいm(_)m

【DOG DUCAホームページ】

calendar


全記事表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Master only