DUCAドキュメンタリー番組について

守山区で自宅から逃げだし咬傷事件を起こした殺処分寸前のドーベルマンを保護した事がきっかけで、一年半に渡り東海テレビ報道陣による密着取材が続いてました。

その放送日が決まり番組欄で題名を見た時に思ったこと。
「1年半にも渡り密着されていたのに、何も伝わらなかったんだな…伝えられなかったんだな…」

どんな放送内容にしろ、僕は「犬の問題行動の原因は、ほぼ人側(飼い主)にある。犬は悪くない」と伝えてきたつもりでした。
それが伝わらなかったから、犬を批判する「悪い犬」という犬へのイメージダウンの言葉が使われたようです。

とても残念な結果です。

タイトルを見られた方から
「 放送曜日、時間帯からテレビを見る人は一割もいないだろう中、残りの9割の方はタイトルのみで様々な判断をする。動物愛護が進む中、犬が悪いというタイトルは理解できない!東海テレビへ電話をしたら東海テレビの返答は、観て頂ければわかりますの一点張りだった!」と、お電話を頂きました。

おっしゃられた様にタイトルだけで悪い犬と思われる方も出てくると思い今回あえて書かせてもらいました。

この様な結果になりヒカルには申し訳ない気持ちで一杯です。
ドーベルマン「ヒカル」を愛護センターから保護をする時にも4局のテレビカメラが撮影に来ていました。
それから「里親さんのところへ行くところを撮影したい」「ヒカルはどうですか?」「ヒカルの変化は?」
との度々あるメディアからの質問に対して「良いところを見せよう!動物愛護をもっと伝えられる機会だ!」と焦りと自己の欲望が出てしまい、まだ他者に対して完全な警戒心が取れていない状態のヒカルを里親さんのところへ出してしまった軽率行動の結果、里親さんが外に連れ出してしまい、あってはならない噛みつきが再度起きてしまいました。

保護したドーベルマンは、僕への服従トレーニングが早くに入り、その姿も撮影されました。
「犬は悪くない、犬の問題行動のほとんどが人に責任あり」と伝え続けてきました。

ドーベルマンの件でメディアが幾つも来てくださる結果となり、焦りと軽率な判断をした事は事実です。
トレーニングと散歩は僕がやり続け、里親さんの元では穏やかな時間をという約束にて里親さんに出しました。

撮影中「待て!」をさせ10メートル離れるトレーニング中に、僕の後ろで構えていたカメラレンズを目の様に思い、カメラマンさんを噛んでしまう事もありました。

東海テレビ報道部は保護活動の意識が、全国的に広まりをみせているところに着目し、あの咬傷事件から今までの一年半に渡り密着取材を続けてきていました。

そんな中、どんな事情であれ噛みつく事が二度と起きてはいけない状況の中、あってはならないことが二度も起きてしまった。

僕の甘さが引き起こしたこと。
僕の気持ちの「犬は悪くない!」は変わることはありません。

何をどう編集されるかは関与できず分かりませんが、ヒカルが保護後も噛みついてしまったことは間違いなく放送されると思います。
これは全て先を焦り美談で終わればと流された僕の責任他ありません。

今後「噛みつくような犬は保護するな!」なんていう意見が出てしまうのか…

しかし同じ命であって、DUCAにて保護をしている子の中でも、初めて会う人に対しての警戒心が強い子はヒカルの他にも居ます。

慣れた人には、とても甘える子達です。
本当に理解してくださる方が、もし現れたら…とは思っていますが、里親さんに出すことを焦ってもいません。

ドーベルマンのヒカルは、生涯最期まで僕の側で息を引き取る時まで僕が見守り続けます。

ドーベルマンの咬傷事件から「名古屋市殺処分ゼロ」が急加速したことも、動物愛護についてそれぞれ考えていただいたことも事実です。
ドキュメンタリー番組密着依頼を受けた時には「これでもっと動物愛護が深まり殺処分ゼロを目指す都道府県が増えていくであろう」と思っていました。

2月19日東海テレビ13時45分から一時間放送されます。

題名と同じく残念な気持ちにならないことを願うだけです。

とにかくヒカルに関しての事は、僕の責任であり、僕のせいです。

放送後にヒカルが悪く言われないことを願うのみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもお世話になっております。
私も放送のことをお聞きし、録画予約した時に「悪い犬」?と思いましたが、東海テレビの番組紹介にでている画像は、どれも高橋さんとヒカルちゃんの笑顔でした。
題名と画像から、事件しか知らない方からみれば「悪い犬」かもしれませんが、その後の姿をみてやってください、こんな笑顔で暮らしているんですよって訴えているように思えました。

本当にこの子は悪い犬なの?悪いのは人間じゃないの?って、
最後には気づかせてくれるような内容になっているのではないでしょうか?

放送、楽しみにしています。

ありがとうございます!

ありがとうございます!
気持ちが救われます!

色々なテレビ取材の中、元々賢い犬種なので僕とのトレーニングも順調に早くに進み、画面では「ヒカルは凄い!」と映り込んでいました。
ただアニマルコミュニケーターの荒木さんもおっしゃられた様に本当に大きい体して気が小さいヒカルです。自分をチワワ位の大きさだと思っているとの事で、確かに到底通れない幅を通ろうとするくらいです(笑)
なのでトレーニングが入っても外へ出ると警戒心が強い状態のままでした。
まだまだ安心はできないと強い危機感を撮影に関わらず僕がもっと持ち続けていたら、撮影中にカメラマンを噛んだり、散歩、トレーニングは僕がやりつつ里親での生活を!というスタイルでの譲渡はしなかったと思います。
ヒカルが噛みついてしまうことは未然に防げたことでした。
あの事件があったから名古屋市の殺処分ゼロにしよう!という動きも急加速しました。
この一年半は「タラレバ」が残る結果になってしまいました。

沢山の人から「悪い犬!?何このタイトル大丈夫!?」と言われます。
僕も正直、複雑な気持ちが続いています。

こんばんは。去年の暮にトイプーの件でお世話になった者です。ニュース見ました。タイトルを見て悲しくなりました。ヒカルくんは確かに「悪い犬」かもしれません。でも今高橋さんが一生懸命ヒカルくんの訓練を行っています。誰もができる訳では無いと思います。とても素晴らしい活動だと思います、らヒカルくんにも飼い主がいた訳ですから、ヒカルくんが全部悪いなんて思いません。人間も悪いんですよね。高橋さんの活動はぜひ周りの人達にも見てほしいのでFacebookなどで呼びかけました。当日の放送楽しみにしてます。

悪い犬

さっき東海テレビの夕方のニュースをたまたま見てたら他県の殺処分、譲渡の特集みたいなのがやってました。
その後にこちらも見てください的な感じで悪い犬の紹介がやってました!
先生とヒカル君がうつってました!
内容はきっと見れば納得のものになっているのでしょうね。しかし見ない人はタイトルや先ほどの少しの紹介だけを見てどう思うのか…
30秒程の紹介でしたが悪い犬2、3回連呼してたんで思わずテレビに激しく突っ込んでしまいましたが…
放送後、先生が心配してることを言ったりする方がいませんように。

ありがとうございます。

えりかさん
蘭は、新しい家族が見付かり今では我々にベッタリだったのに飼い主さんがみえると、もう走り寄って振り返りません(笑)
とても大切にご家族皆さんに可愛がられています!
色々とありがとうございました!感謝しております。

凜さん
ありがとうございます‼
いよいよです…寝付けない日が続きました。
しかし僕が起こしたことは事実であり、僕がしっかりしていれば防げたことも事実です。
ヒカルは変わらず今日も元気です!
他の子達も、みんな元気です‼
この子達、これから保護をする子達、相談にみえる方々の為にも僕の出来ることを頑張るのみです‼
本当にありがとうございます‼

No title

番組を見てかんがえさせられました。いろいろ
私も犬を飼っている一人として。
あのニュースのドーベルマンが高橋さんに救われたのはいうまでもなく、そして高橋さんがいうように犬や猫、飼われている動物が悪いとゆうことはいっさいないとゆうのもわかっているので大丈夫です。タイトルはたしかにインパクトがありすぎましたが、どんな状況においても飼い始めた人間が悪いのです。ヒカルくんが里親さんとうまくいかなかったのも残念でしたが、帰る場所があって幸せだなと単純に思ってしまった。
理解が深まらなかった里親さんのもとにいるよりは高橋さんのもとにいるのがいいのでしょうから。
たくさんの犬猫が殺処分されていることには本当に虚しい気持ちで凹みますが高橋さんたちのようになんとかもがいてくれる人たちがいることで一筋の光はありますよね・・・
いますぐどうこうできないけれど、せめて自分の飼っている犬や猫の天寿をまっとうさせてあげたいです。動物を飼う人がいろんな責任や覚悟をもたねばいけないとゆうことの再確認をできる番組にはなっていたとは思います。簡単な気持ちで生き物を飼ってはいけないと思います。犬は特に飼う人次第ではないかなと思います。飼い主をちゃんと見ているし飼い主に依存しているからです。飼う人次第でその運命も犬の性格もかわってしまいますよね・・保護活動に今まで以上に少しでもかかわらなくてはいけないなとも思いました。高橋さんのヒカルくんへの愛情をみて本当にうれしかったです。高橋さんところで保護されているこたちは少なくとも幸せです。
ヒカルくんは悪い犬ではないです!

テレビみました

悪い犬?と疑問に思い見始めました。
確かに両極に分かれるのではないかと思う内容でした。
愛犬家にとっては、高橋さんの気持ちがすごくわかると思います。
しかし、苦手な方にとると、やっぱりなー。
って思う様な内容かと思います。
わたしは保護犬達が全て幸せになってほしいと思っているので、正直残念な内容になってしまっている気がしました。
人間の勝手で、悪い犬にもなってしまう事があるという事が、もっと世間の方に理解してほしいと思います。そして素晴らしいパートナーにもなれる事を伝えたいですね。
勝手なコメントすみません。。。

ヒカルは悪くない。

今、テレビを見てヒカルの今をとても知りたくなりました。
ひょっとして、殺処分されていたらと思うと、居ても立っても居られなくなり、HPをさがしました。安心しました。今も、手元に置いてもらっている事を知って、ただただ、ありがとうございます。と、伝えたくて、メッセージを残しました。

悪い犬

悪い犬
TVで拝見致しました。

ヒカルは悪くない!
全ては飼手に問題がある事、よく理解できます。
どうして無責任な飼い主が減らないのでしょうか?
犬はパートナーです。家族の一員です。我が家にも2匹のワンちゃんがいます。
正直、あの番組を見て腹がたちました。
飼手の理由で犬の一生が壊されてはならないのに💧
ヒカル訓練頑張って✌️️応援しています。

確かに人間が悪い

番組を見て、思ったことは、
高橋さんは甘い!
こんな甘いトレーナーがしつけ終わってない噛み犬を譲渡してるなんて、とうてい安心できない。
訓練して警官噛んだ犬がチャンピオンに♪
こんなこと何度も本気で言ってるの、
恥ずかしくないですか?
こんな人がトレーナーだなんてがっかりしました。

リードを短く持たずに散歩してる飼い主の、なんと多いことか!
しつけをしてない飼い主が多すぎる。
人間が悪いのはわかってる。で?
それで終わりでは困る。
悪い人間が連れて歩いている犬は凶器。
悪い人間が、犬に服着せて、カートに乗せて、
文句も言わず、ゆうことを聞いてくれる都合のよい家族?

道路や公園は犬のトイレじゃない!

あたながたの、
自分の子供が襲われたとしたら?どうですか?
想像するだけで、恐ろしくはないですか?
想像できませんか?
見るからにまだまだなヒカルが噛むこと素人でも想像でしましたが、なぜ?

殺処分うんぬん以前の問題。

家族襲われて、
「またかんじゃった~」
ですまされたらたまりません!




テレビ拝見しました。
私も、娘も、祖母も、この題名はおかしいね。との思いを強く抱きました。犬や猫などが噛み付くこと、引っ掻くこと、飛びつくこと、どれも理由があると思います。確かに、人間中心になっている世の中で、人に怪我をさせてしまうと噛んだ理由は無視され、避難されてしいますね。私も、犬4匹と暮らしています。中には、捨てられていた成犬もいます。
しかし、なんとかなると思っています。躾も、沢山の方のアドバイスなどを頂き、支えられながらしているつもりです。
生き物には、それぞれに合ったペースがありますよね。ヒカルくんの成長、ものすごいと思いました。これからも、ヒカルくんはヒカルくんらしく、元気に過ごしてほしいです。

番組見ました。大丈夫。伝わりましたよ。

犬を飼う、犬と共に生きるという事を簡単に考えすぎている現在、色々と考えさせてくれた様に思いました。BOSSさんの活動、とても簡単にできることではなく、賛同させていただきます。なかなか手を出したくても手を出せない領域の活動、陰ながら、応援させていただきます。真っ直ぐに、突き進んで行かれます様応援致します。BOSSさんの活動で幸せな子達が幸せな飼い主さんとともに過ごせる事を願います。

残念な番組

初めまして、5歳のドベを飼育しています。

本日番組タイトルに疑問を感じつつ、放映を拝見しましたが
思った通りでした。東海TVがこのタイトルを付けた意図が
全くわかりません。付けるなら「不幸な犬たち」では?

流れてしまった放送を今更どうこうはできません。
この番組を機にカワイイ、格好いいだけで犬を買う人が
いなくなれば良いのですが、そこまで掘り下げた内容でも
なかったですね。

コメントに皆さん色々書いていらっしゃいますが、言うは
易く行うは難しです。高橋さんの活動と努力は素晴らしい!
非難はできません。大会チャレンジの夢を語ったら、実現
させればよいのです。
ただ、ドーベルマンの飼育経験がない方が、ドベの特性を
理解するのには時間が必要です。頭のよい犬ほど、扱いで
結果が大きくかわります。ドベは心優しく他に類をみないほど
あまえん坊で、それゆえの警護犬です。
オーナーのためなら命を張る犬種です。

ヒカルはどこが僕の家?誰が僕のお母さんとお父さんなの?
寝るとき独りは寂しいよ、カメラが恐いよ!きっとそう思ってた
と思います。環境が変わり嬉しいこともいっぱいあるのに
えっ散歩だけですか?運動大好きなのに散歩だけ?
嬉しいこと楽しいこと喜びがあるのに、場がなくエネルギーを
放出できなくて「遊んで!」人に体当たりしちゃう。

もっともっと、ヒカルのことをわかってあげてください。
高橋さんを応援します!

テレビを見て

初めまして。今日の放送。悪い犬
タイトルに驚き見ました。そして
あのドーベルマンのその後を知り
見入りました。まだ数人の人間しか信頼出来ていないのでしょう。
それだけ、怖く寂しい思いを今までしてきたのだから、許してあげて欲しいです。。これから、先生やおっちゃんの愛情を沢山貰って、幸せになってもらいたいと切に願います。
ひかるに会ってみたいです

初めまして
悪い犬 見ました。番組名に腹立たしさを感じ
自分のブログにも書きました。
悪いのは 犬ではなく 人間なんだと。
ヒカル君が1番幸せを感じる日々が送れますように♡
ただこの番組消化不良のような…期待外れの内容でした。
高橋さんヒカル君に 被害が及ばないことを願います。
何かお手伝い出来ることありませんか?
犬の保護活動に少しだけ 携わってます。

こんばんは。
始めまして。

番組、見させて頂きました。

我が家の先代犬もドーベルマンです。
そして今いる子は、元保護犬です。

ドーベルマンは、見た目の厳つさから
誤解をされがちの犬種だとは思いますが、
決して凶暴な訳ではないのです。

ヒカルくんは、元飼主さんのドーベルマンに対する認識不足からこのようなことに
なってしまったんだ…と思っています。

一度人間に噛みついてしまった犬は、
同じことをしてしまうかもしれません。
それでも変わろうと頑張るヒカルくんと
高橋さんの姿は沢山の方の共感を得ると
思っています。

保護活動は並大抵の気持ちでは出来ません。
保護し、矯正しようと毎日一生懸命
犬と寄り添う皆さんの姿。
忘れません。

犬を悪くするのも人間。
良くするのも人間。
捨てるのも人間。
助けるのも人間。

私は、助ける側の人間でありたいと
思っています。

ヒカルくんを助けてくれて
ありがとうございます。

不幸なわんちゃん

残念なタイトルで放送されてしまいましたが…

番組では、犬が捨てられて殺処分される時、犬は苦しみながら命を失っていくという事実を知らせてくれました。ショックでしたが残酷だからこそ犬を飼う人は知っておくべき事です。

ヒカルは人にケガを負わせてしましましたが、きちんとコントロールできる人間の中で、怖がる事なく暮らしていければ大丈夫ですよね。
長い目で、手を掛け、見守り続けていかなければいけないのかもしれないですが、ヒカルにとって、高橋さんとの出会いは奇跡だと思います。その奇跡がヒカルと高橋さんに何かをもたらしてくれると信じています。

番組で見た、保護され安心して暮らしている犬さんたちの表情が優しく、穏やかなのが印象的でした。
辛い思いをされる事もあるかと思いますが、負けずに、安全には気をつけて、これからも頑張ってください!

No title

はじめまして。以前からホームページやブログを拝見しておりますが、初めてコメントします。

私は、人間への皮肉を込めたタイトルと受け止めましたが…
内容も高橋さん側に肩入れしすぎず、事実を淡々と伝えようとしていて、かえって好感が持てました。
うちも犬を飼っていますが、実際のトレーニングや保護・譲渡の場面がそのまま放映されていて、興味深く見させて頂きました。

家も割と近いので、機会があればお邪魔したいです。
応援しています。

悪い犬というタイトル

今日、たまたま東海テレビのドキュメンタリー番組を見て、このブログまでたどり着きました。

「悪い犬」

ブログを拝見し、このタイトルに強い疑問をもっていた高橋さんに、いち視聴者の意見をお伝えしたく、コメントいたします。

悪い犬。
衝撃的なタイトルで、たまたま付けたテレビの前から離れられなくなりました。

ドーベルマンのヒカルくんをはじめ、そのほか無責任な飼い主や、住み込みで働いてるおじさん、動物愛護センターの実情など。

私自身はducaさんの活動やヒカルくんの事件を知らなかったため、この番組を通して初めて知ることばかりでした。

ただどの内容を切り取っても、タイトルの通り「犬が悪い」と誤解されるようなものではなかったと思います。
そうではなく、真逆で、
こんなに心優しい犬を、悪い犬、と呼んでいるのは誰だ。
果たして犬が悪いのか、と疑問を投げかけられる内容でした。

ショッキングなタイトルですが(どうしてもこのタイトルでないとダメだったのかと疑問に思うことはもちろんですが)、視聴者として、高橋さんが気に病むような捉え方は決してしていないことをお伝えしたいです。

ducaさんの活動や、ヒカルくんを心から応援したい気持ちでいっぱいです。
そしてまだまだ、その後が見たいです。警察犬として訓練をする高橋さん、噛まれても撮影を続けたというカメラマンさん、ヒカルくんを預かる予定だった里親の方、みなさんの愛情が本当に伝わってきました。

心から、応援しています。

本能

生き物の本能を理解せず、ただ可愛いだけでペットは飼っちゃいけない。子供を育てるのと一緒、良い悪いをしっかり教えてあげること。嫌だ!怖い!やめて!を、吠えたり噛んだりすること以外では伝えられないんだから。昨日の番組のタイトルは、私がつけるなら「悪い子にされた犬」かなぁ。
うちには今、殺処分2日前に救い出され、転々として5ヶ月の時に、16年と少し一緒に暮らして来た豆柴の女の子を亡くして1ヶ月後にうちの家族になったミックスの男の子がいます。もうすぐ7年になりますが。子育てと一緒、毎日朝夕のたっぷりの散歩、ご飯をあげてブラッシングもして、あと10数年はこの生活が続くことになるのかな。
相手をちゃんとしてあげれば飼い主の気をひかせるためにいたずらすることもないし、今は遊べる時間、これをしている時は相手できない、今は休憩中、毎日の暮らしの中でうちの子はちゃんと覚えましたよ。
これから先、老犬になったらものすごく手のかかることは経験してるからわかっているし、その大変さも全部含めて「飼う」ということなんだと思います。
ヒカルは高橋さんといる時の顔が甘えん坊になっているし、高橋さんの側に居させてあげるのが一番幸せなんじゃないかな?
勝手に増やして、心優しい他人を苦しめていることを想いもせずに仕事だからと処分させるような、心ない人間が居なくなることをずっと願っています。

観ました

http://mainichi.jp/articles/20170218/dyo/00m/200/014000c


ドキュメンタリーって、こういうものだろうな…URL貼った東海テレビプロデューサーさんの記事を見て、
思いました。

賛否両論あり、然るべきことですね。

真実は解せない事ばかりです。

私自身は最近犬を飼い始め、いうことをきかず、噛み、散歩も嫌いと、ほとほと手を焼いてあり高橋さんにもお世話になっています。
まだ一ヶ月ちょっとですが、徐々に良くなっており感謝してます。

犬のしつけは一朝一夕、一筋縄にはいかないというのが日々痛感してます。

ついつい甘やかしてしまってるのも、
わからずやってると思います。

預けるたびに書いていただくノート。
アドバイスありがたく、無知な自分に何度も繰り返し犬の為にと書いてくださいます。


いろんな人に問題提起そういう番組ですもんね。


私は高橋さんが、
愛護活動されていることは、
素晴らしいことで、ナナコも、ヒカルも幸せ、幸せだったと思います。

今後もお世話になりますがよろしくお願い致します。

初めまして。番組見ました。タイトルにインパクトあって、見ようと思いました。
見たら犬が悪いわけではない❗ということがよくわかった内容だったと思います。見てもらうためには必用なタイトルだったんだと思います。
悪い犬は人がつくってしまうだけなんだ。飼い主がしっかりしつけを学んでいき、愛犬が寿命を迎えるまで一生涯、しつけを続けていかなければならないとおもっています。高橋さんの活動を応援しています。

No title

初めてコメントします。昨日の番組を拝見しました。
まず、こちらのトレーナーさんはじめ 悪い犬=ドーベルマン と極めて単純に解釈されている方々が多いように思いますが、あえて悪いという表現を使い視聴者に考えさせるというドキュメンタリー番組としてこのタイトルは素晴らしいと思います。 人間と同じように生まれ個々の性格、感情を持ち、同じ命として扱われなければならないはずが、身勝手な人間のために一生を振り回されたうえに殺処分などとあってはならないこの現実を知って考えてほしいという番組の作り手の考えが伺えます。
このドーベルマンもまた番組の取材期間の中で人間に振り回されている様子が見てとれます。 元の飼い主の不注意で自分がやってしまった事の大きさもわからず捕まり保護されるが、その事で一躍有名になったトレーナーはドーベルマンとテレビカメラに囲まれ、「すごいドキュメンタリーだ。警察官噛んじゃった犬が警察の競技会に出てチャンピオンになっちゃうんだよ。日本中が涙する話になる。」などとカメラの前で満面の笑顔で語っている。
この時点でご自身がこのドーベルマンを振り回している身勝手な人間の一人だと気がつかなかったのでしょうか。
カメラマンの方が噛まれてしまった場面でも「ヤバイ、まずい」を連呼して笑いながらリードを引っ張る様子は衝撃でした。 病院の場面でも「大丈夫だと思いこんでいた。」とまた身勝手な言葉。
その後プロの調教師の女性が登場する場面がありました。そもそもあなたはプロではなかったのでしょうか。もしそうだとしたらとても問題なのではないですか。この女性が最後に こういう性格の子は一生をかけてトレーニングを行っていかなければいけない とおっしゃっていました。 そういう性格も理解できないトレーナーの元で、美談を作るためにトレーニングも中途半端なまま里親さんに預けられるが、またそこで人を噛んでしまい戻される。 その事件をトレーナーは隠していた。 ここまででもドーベルマンが何度も振り回されている様子がわかります。 里親さんとの約束があったにもかかわらず、愛護センターの職員さんに厳しく注意を受けているのに、里親さんの悪口とも聞こえる言葉を言い自分は悪くないと言わんばかりの態度に本当に腹が立ちました。
この番組で安心して見られた場面は "おじさん"の存在でした。 おじさんの周りにいる犬達の穏やかな表情が、なにか全てを物語っているかのように思えました。
何も知らないくせに と思われるかも知れませんが知らない視聴者がほとんどだという事、テレビの取材を受けたのだからいろいろな意見が出るのが当たり前だということです。
しかし、動物保護の仕事は並大抵の覚悟でできることではありません。
これからもずっと活動を続けていかれるのなら、いろんな事を見つめ直す機会として考えることが必要なのではないでしょうか。





見ました

ヒカルちゃんが人を嚙んでしまったのも事実だし、まだまだトレーニングに時間がかかるのも事実ですね。
高橋さんご本人も仰るように、安心していた、甘かったのも事実ですかね。
でも、いつもはTVには興味を示さないしゃるむが、番組が始まって高橋さんの声が聞こえると、ふっと立ち上がり、TVのスピーカーに顔をくっつけて高橋さんを探していました。
高橋さんをはじめ、DUCAのスタッフの皆さんや、保育園のお友達が大好きなわんこ達がたくさんいるのも事実だと思います。
そして、高橋さん、スタッフの皆さんを信頼して大事な家族の一員を預けているたくさんの飼い主さんがいることも事実だと思います。

番組を見て、賛否両論ありますが、まだまだこれからだと思います。
応援しています。

皆様へ

沢山の方から励ましの言葉、厳しいお言葉大変ありがとうございます。
真摯に受け止めてゆきます。

初めまして他県在住の訓練士です。
悪い犬のドキュメンタリーを拝見しました。
ドーベルマンの訓練は大変特殊です。
経験のない高橋さんがどのような訓練を行い、里親譲渡をどのような視点で判断されたのか理解に苦しみました。
取材班が噛まれ、12針も縫う大怪我をした際の『制止』のシーンには愕然としました。
愛護センター職員の言葉、『信頼の低下』同じ訓練士として大変恥ずかしく思います。
増え続ける飼育拒否…殺処分される命があることで、愛護センターは信頼低下された高橋さんへと命を繋いでいく現実。
高橋さんを信頼し、しつけの保育園に通われている方、応援されている方達がおられるのも現実。
高橋さんの『訓練士』としてのご活躍を祈っています。

No title

初めまして、テレビで拝見して書き込ませて頂きます。

まずヒカルくんを助けるために手を上げた高橋さんの行動は本当に凄い事だと思いました。
結果ヒカルくんは戻ってきてしまいましたが、殺処分されていたらなにも始まらなかったと思います。
犬が好きな人達だって何かしたいと思っても本当に大きな行動する事はなかなか難しいです。(実際私もそうです)
犬だって生き物です。思ったようにいかずに大変だと思いますが今後もどうぞ悲しい子達のために手を差し伸べてください。

私達家族も最近愛犬を亡くしたので、落ち着いたら里親になって1匹でも助けられたらいいなと考えています。

番組に対しては高橋さんの思いと違う部分もあったのかもしれませんが、私は本当に見て良かったと思います。
ただの美談ドキュメンタリーではなく、現実を見せられとても考えさせられました。
確かにショッキングなタイトルでしたが、他の方もおっしゃるように人間に対しての皮肉や投げかけと取れました。
賛否の声があると思いますが、犬が好きな方達であれば皆さん応援するための言葉と思います。

ただそれ以外の心無い声が高橋さんやヒカルくんに向かない事を願います。

番組を拝見いたしました

初めまして。
母が録画していたことがきっかけで、番組を拝見いたしました。ホームページの各内容、高橋さんのブログ、みなさまのコメント、全て拝見いたしました。


番組を見たことによって、私の中では、いろいろな気持ちや考えが巡り巡りました。しかし、すでにあるみなさまのコメントが、そのほとんどを代弁してくださいました。

ヒカル君について、その一点にフォーカスを当てるなら、高橋さんに対する思いは、みなさまの厳しい叱責に同意です。番組にて、高橋さんに覚えた違和感も、きっとそうでしょう。ヒカル君を思うと、みなさまと同じように、やり切れぬ気持ちになるのもまた、事実ではあります。

しかし、高橋さんの思いも十分によくわかるのです。憶測ではありますが、ヒカル君に賞を、と語ったことも、きっと全てが私欲ではないと。そこには、ヒカル君への想いや、高橋さんが行っている活動への認知度など、様々な想いがあったのではないでしょうか。

高橋さんの活動、とても地道な活動なのだと思います。どちらかと言えば、今の社会では影の中の活動なのかもしれません。そう考えると、高橋さんが尽力なさっている活動へは、どの言葉を選んでも、おこがましいと思えるようなほど素晴らしいものだと思います。なので、私は、ヒカル君のことも踏まえて、それでもやはり、尊敬という言葉をもって、高橋さんを応援したく思います。

安っぽい言葉ではありますが、完璧な人間などいないと思います。失敗に対する自責などもあると思いますが、高橋さん自身、無理はなさらぬよう、どうかご自愛くださるよう、願っております。

初めてコメントします。

一度だけドーベルマンを連れて、保育園に相談しにお邪魔した者です。
我が家では先代のドーベルマンも保護犬で引き取り、
警察犬訓練所にお世話になりながら、寿命で亡くなるまで
家族で大変可愛がって飼っておりました。
そして、現在飼っている雄のドベも社会化されていない状態で3歳で保護犬として引き取り、もうすぐ3年になります。
来た当初は、外の世界が怖く、当時は威嚇行動に悩んでいました。
保育園にお邪魔した時は高橋さんがヒカルくんを引き取った後で、
東海テレビの密着取材のカメラも来ており、ドーベルマンを連れて相談に訪れた私たちの姿を見て、ぜひカメラに撮らせてと言われましたが、私たちはテレビに映るために訪れたわけではないとの理由でお断りしました。
結局、あの時一度きりの訪問でしたが、高橋さんが我が家のドベのリードを引きながら、
「犬は悪くない。人間次第なんだ。」と熱く語ってくれた姿がとても印象的で、
今もありがたく心に残っています。

専門家の方もおっしゃっていますが、ドーベルマンのしつけは熟練した訓練士さんでも
その個体によっては非常に神経を使うと思います。
本来なら生後3ヶ月までの社会化臨界期までに母犬や兄弟犬からたくさんのことを
学ぶはずが、それが出来ずに過ぎてしまうと、恐怖心が芽生え、
多分それは一生かけて根気よく克服していかなければいけないと思います。
番組の中でカメラマンを咬んだシーンでの制止はとても残念でした。
その前のシーンですでに威嚇している犬の分かりやすい気配を察せず、
再び同じように向かわせたことで事故が起こったことやその時の音声、
いずれも本当に残念で悲しくなりました。
但、何事も経験することで改善も出来、良くなっていくと思います。
ヒカルくんに、まずは終の住処と本当の家族が出来たんだと
わかってもらえるまで頑張ってください。
たくさんの方から信頼され、犬のために活動をされている立派なお仕事を
今後も頑張って欲しいとエールを送ります。



Profile

DOG DUCA

Author:DOG DUCA
dogducaの信念【人と犬とのより良い共存生活】をテーマを掲げ休む暇も無く頑張っています★ワンちゃん皆が幸せになる事を願い精一杯活動しています!
ぜひ皆さんも協力してくださいm(_)m

【DOG DUCAホームページ】

calendar


全記事表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Master only